あしあと

今の目標は50記事書くこと。→次は100記事書く

和暦の一覧をYAMLで作成した

元号も変わることですし、これまでの和暦の一覧をYAMLで作成しました。
全ての和暦を記載しています(「大化」〜「令和」)。

github.com

ファイルの中身は、名前と開始日を単純に記載しているだけです。
以下の様なファイルとなります。

- id: 1
  name: 大化
  name_hiragana: たいか
  name_alphabet: taika
  start: 0645-07-17
- id: 2
  name: 白雉
  name_hiragana: はくち
  name_alphabet: hakuchi
  start: 0650-03-22
# ... こんな感じで続く
- id: 249
  name: 平成
  name_hiragana: へいせい
  name_alphabet: heisei
  start: 1989-01-08
- id: 250
  name: 令和
  name_hiragana: れいわ
  name_alphabet: reiwa
  start: 2019-05-01

使用する場合は、JSONCSVなど、好きなフォーマットに変換してもらえればと。
YAMLにしたのは、コメントを書くことができるためです。
(個人的にはJSONより読みやすい)

作成方法

作成方法は愚直にWikipediaの情報をSpreadsheetに写して、YAMLファイルを作りました。
YAMLが正しいかどうかは、PythonPyYAMLを利用して確かめました。

注意点

上述した通り、Wikipediaを参考にしています。
私自身は歴史の専門家ではないため、記載に誤りがあるかもしれません。

また、旧暦と新暦ユリウス暦からグレゴリオ暦を意識せず、Wikipedia記載通りに作成しています。
これらの状態は、YAMLから分からない状態となっています。
将来的に修正する予定です(多分)。

作ってみた感想

作ってみると、色々と知らないことが分かりました。

学校の勉強では「◯◯時代」と時代ベース?で勉強していたので、改めてみると興味深かったです。
良い機会なので、一覧を見てはどうでしょう?

今後の予定

今回作成したYAMLを使って、和暦と西暦を変換するツールを作る予定です。

作った動機

共通フォーマットがgithubで見つからなかったためです。

新しいプログラミング言語の勉強がてら、変換ツールを作ってみようかと思っていました。
調べてみると、変換ツールはヒットするものの、設定は言語ごとに最適化されていたり、明治以降だったりと、丁度欲しい情報がありませんでした。

いい機会だし、他に欲しい人はいるかもしれないので、作ってみました。

参考資料

和暦 元号一覧

PanasonicのBD(DVD)プレーヤーで「非対応のディスクです」となる

背景

Panasonicのブルーレイプレーヤ(DVDプレーヤ)を購入しました。
機種は「DMP-BD90」です。

www.amazon.co.jp

Panasonicのサイトは以下。

av.jpn.support.panasonic.com

購入し、設置した後、何枚かブルーレイを再生したところ、「非対応のディスクです」と表示されるディスクがありました。

なぜ再生しなかったのか

BDXLだったためです。

BDXLとは

DXLとは、2010年6月に策定されたブルーレイディスクの新規格です。 ディスクの記録層が従来の最大2層から3~4層になり、2倍以上のデータを保存できるようになりました。

参考元: 新規格メディア登場「BDXL」。大容量化する映像データなどの保存に最適 | バッファロー

とのことです。

確かに、ディスクを見ると、100Gとなっており、こんな容量のディスクがあるのかと驚きました。
録画した番組を焼いてもらったので、詳細を知りませんでした。

実際にもらったディスクは、TDKのディスクでした。

www.amazon.co.jp

対応 / 非対応の見方

Panasonicの公式サイトで確認可能です。
比較的、上位機種で対応しているイメージです。

av.jpn.support.panasonic.com

BDXLについての特設サイトはこちらです。

av.jpn.support.panasonic.com

それにしても、規格がおおくなると困りますね...(無知なだけ)

Aシート(新快速)の感想

先日、Aシートに乗ったので、感想を簡単に書きます。

Aシートとは

JR西日本が2019/03/16より開始したサービスです。
公式のサイトの情報を引用すると、

JR神戸線JR京都線琵琶湖線で、有料座席サービス 新快速「Aシート」を開始し、網干・姫路~野洲駅間で毎日上下4本運転します。通勤時間帯のほか、昼間や深夜にも運転し、通勤・通学やおでかけなどで便利な「新快速」をさらに快適にご利用いただけます。

となります。

www.jr-odekake.net

ちょうど、Aシートが設置されている新快速に乗ったので、利用しました。

Aシートは通常の乗車券+500円必要です。

乗りごごち

個人的な感想としては、新幹線(特急列車)の座席に座っているようなものでした。
もちろん、新幹線よりは揺れますが、普段の新快速よりも快適です。

座席と車両はこんな感じでした。

f:id:pyo_hei:20190405101317j:plain

f:id:pyo_hei:20190405101348j:plainf:id:pyo_hei:20190405101410j:plain

よかったこと / きになったこと

2019年4月時点の[よかったこと/きになったこと]です。

よかったこと

  • 必ず座れる
    • 座れない場合は追い出されるので...
    • Aシートが設置している時間帯の新快速は混んでいる印象です
  • リクライニングがあり、ゆったり座れる
  • 新幹線感覚なので、食事も気にせずできる
    • 新快速で弁当は食べにくいですが、Aシートは気にならないです
    • 横に座っていた方は、お酒を飲んでいました
  • 机もあり、PC作業も可能   (このブログの下書きも、Aシートで書きました)
  • Wi-Fiがある

きになったこと

  • 9号車なので、駅によっては不便
    • 8号車と9号車の間は通ることができず、改札に近い出口まで移動できない...
  • クレジットカードが使えない
  • Wi-Fiはあるが、遅い
  • 乗務員が、しばしば通るので気になる
    • これは、今だけかもしれないです
      開始して間もないので
  • 事前予約ができないので、混んでいると乗れない
    • 私が乗った日は、ほぼ満席でした

個人的な感想

快適に過ごすことができました。
ただ、私は通勤として毎日乗る必要はないかなと感じました。

なぜなら、基本、新快速で概ね座れ、自分のやりたいこと(読書)が出来ているためです。
ただ、本当に疲れている日(私が乗った日)は、すごい助かります。

なので、混んでる駅から乗車する人は、すごいオススメです。
毎日、立って通勤するよりも、座って通勤するだけで全然違います。

乗らないと分からないので、良い経験でした。
今後も、この様なシートが増えると良いな、と感じました。

Macの写真でキーワード(タグ)を追加する

気づかなかったのですが、これは結構便利です。
基本的な内容はAppleの資料を見てもらえば良いですが、簡単に紹介します。

Appleのユーザガイド

基本はAppleが出している資料を見てもらえれば良いかと思います。

support.apple.com

support.apple.com

実際に何が便利なのか

タグをつけておけば、必要なワードで検索することが可能です。
写真が数千枚レベルになると、ワードを登録しておくと検索が楽です。

個人的には同じイベントの写真をみる必要がよくあり、いい方法はないかと検索した結果、この機能にたどり着きました。

やりかた

タグを追加したい写真を右クリック(二本指クッリク)し、「情報をみる」を開きます。
複数ファイルも同時に可能です。

f:id:pyo_hei:20190404070349p:plain

「キーワードを追加」をクリックし希望するキーワードを入力します。

f:id:pyo_hei:20190404070408p:plain

こんな感じに入力可能です。

f:id:pyo_hei:20190404070423p:plain

検索方法

右上の「検索」から検索するだけです。
サジェスチョンも出てきます。

f:id:pyo_hei:20190404070437p:plain

個人的な使い方

個人的には、イベントや撮影者ごとにざっくりとキーワードを設定しています。
人やシーンごとにキーワードを追加すると、私は管理できなくなりそうなので...

最後に

完全にAppleにロックインの機能ですが...割と便利で助かります。
この検索はキーワードをつけてない分も賢く検索できそうです(確認中)。

個人的にはタグの良さを感じれていなかったのですが、今回の写真だけでなく、タグ機能の便利さに気づき始めました。(最近Scrapboxを始めて、より一層感じている次第)

SoftwareDesignの個人的な読み方(2013〜2019)

Software Design」を2013年12月ごろから毎号読んでいるので、読み方を書いてみます。

対象読者

  • エンジニアになったものの、どこから勉強して良いか悩んでいる
  • Software Design をこれから読もうと思っている方

Software Designとは

この記事を読んでいる人は、ご存知だとは思いますが、ソフトウェア開発のイロハを書いている雑誌です。

gihyo.jp

毎月18日発売の月刊雑誌です。
公式サイトには「OSとネットワーク,IT環境を支えるエンジニアの総合誌」と記載がありました。
読んでいる身としては、確かに、と思う紹介です。

よく、比較される雑誌としては、「WEB+DB PRESS」があります。
こちらは、比較的フロントよりの記事が多い印象です。

バックグランド

私のバックグラウンドは簡単に以下となります。

  • 2013年に新卒で入社
    • 仕事は社内SEで、運用と開発の両方をおこなう
  • プログラミングは未経験で社会人に

きっかけ

会社の上司に「毎月Software Designを読めば、ある程度技術がわかってくる」と言われたためです。
最初は半信半疑でしたが、今となっては良かったと感じています。

読み方

正確ではありませんが、自分の中で以下のフェーズがあったと思います。
もちろん、Software Designを読む以外にも、技術を学んでいました。

なので、Software Design以外にも勉強しながらの読み方ではあります。

1. 全然わからない(最初の2年)

最初は読んでも全然わからなかったです(基本的な技術もないので)。
この頃は、

  • 特集はしっかり読む(最近のトレンドなので理解する)
    • 動かせるものは実際に動かしてみる
  • 面白そうな記事を読む

ことにしていました。
わからないことが多いので、Webで調べて、それもわからないので、調べて...の繰り返しで、なかなか進まなかった記憶です。
だいたい10時間くらい(もっとかも)読んでいたと思います。

特集は最近のトレンドなのだろうと予想して、毎号必ず読んでいました。
なので、気になる記事は読んでいましたが、それ以外は一切読んでいませんでした。

他にやっていた事として、読んで重要そうなことは付箋を貼って、最後にEvernoteにまとめていました。
これは、ほぼ読み返さなかったので、意味があったのやらなかったのやら。

最初の頃は読むだけで結構大変だった思い出です。

2. なんとなく分かってくる(次の2年)

上記を繰り返していると、似たような特集(エディタやPython, git などなど)が出てきて、割と特集は早く読めるようになります。
なので、全ての記事に目を通すようにしました。

この頃は、

  • 基本的に全ての記事を読む
    • 動かせるものは実際に動かしてみる
    • 自分には関係のない技術も軽くは目を通す
  • 読者アンケートを書く

ようにしていました。

記事全体を読むことにしたので、結果として10時間くらい読んでいました。
読んでいる時間は長いですが、ある程度、ぼんやりと基礎を理解してきたので、楽しく読めるようになりました。

知り合いから、読者アンケートを書くといいよ(読者プレゼントもあるし)、と言われたので書くようになりました。
感想を書く必要があるので、アンケートを書く前に見返すことができ、知識の定着にもなりました。

3. 記事の中身はざっと(現在まで)

上記も繰り返していると、そこまで深く読まなくても大丈夫かなと思うようになってきました。
なので、最近は、

  • 全体を読む
    • 知っている部分は読み流す(特集も含め)
    • 知らない部分は詳細を読む

という感じになっています。
毎号、知らない知識はあるのですが、周辺知識も増えているので、以前ほど読むのに苦労することは無くなっています。

最近は、だいたい5~10時間以内には読み終わっていると思います。
Python/Vimの特集だと、2,3時間で読み終わりますw

まとめると

書いたことをまとめると、

  • トレンドの理解を優先に
  • 自分の興味のあるところから
  • わからないところは気にしない

を自分の理解度と合わせて、読み進めていた感じがします。

SoftwareDesignの良いところ

似たような特集が繰り返される

読み方のところでも書いた通り、割と似たような特集を何度もしてくれるところです。
繰り返しで、無駄のように聞こえますが、忘れた頃に特集をしてくれるので、知識が定着します。

この点は、ほんとーに助かりましたし、これからソフトウェアエンジニアを勉強する人には良いと思います。

読者アンケートを書くことで復習できる

読者アンケートの応募は、個人的にはオススメです。
各章の感想を書く必要があるので、再度復習ができます。

読み忘れがあると、再度読む動機にもなります。

ちなみに、読者アンケートですが、掲載されるとQUOカード(1000円)が当たります。
割と掲載されるので、ぜひ書くことをオススメします。

以前は、懸賞も含め、結構当たっていたのですが、最近は全然当たらず...
応募数も増えてきたのかなと、嬉しさ半分、悲しさ半分って感じです。

気をつける点

初心者の方は、以下の事に気をつけたほうが良いのではと、個人的に思います。

  • 目的がないなら、過去のを読もうとしない
  • 総集編は買わないほうが良い。

総集編や過去の分を、いつか読むぞー!と勢い余って買ってしまったことがあるのですが、直ぐに仕事に直結する情報でなかったり、ネットに情報が落ちていたりするので、基本的には最新を追い続ける方が個人的にはオススメです。
どうしても必要な情報がある場合は、読むのが良いかと。

読み続けてどうだったか

結果としては、読み続けてよかったです。
自分自身のソフトウェア技術の基礎は、ここから学んだと言っても過言ではありません。

その他

と、ここまで書いてきた私ですが、そろそろSoftwareDesignを卒業しても良いかもと考えています。
ざっと読むことが多いので、紙で読むのではなく、電子書籍が良さそうな気もします。

もしくは、英語で似たような雑誌があれば読んでみたいなとは思っています。
あるのかなー?

JR姫路駅の新快速で姫路城が見れる場所

のぼり(大阪行)

2号者です!足元で言うと、11番です。
2号者の真ん中の入り口を入って、大阪方目に向かった一番手前の座席です。
それ以外だと絶妙に見えなかったり、まっすぐ見えたり、って感じです。

こんな感じに見えます。雨の日なので、綺麗に見えてないですが。

f:id:pyo_hei:20190329065239j:plain

くだり

多分同じですが、継続調査です。

私のブログ状況(50記事経過)

タイトルに書いていた、ブログの目標である50記事を達成しました。
なので、これまでの状況・気をつけていること・次の目標を書いてみます。

ブログを書きたい人の参考になれば幸いです。

状況

ブログ数

現状としては、

  • 登録自体は2014/08/10
  • 真面目に書き始めたのが2018年から
    • 2018年から45記事
  • 2018年までには5記事(テスト含む)

よく、「2ヶ月で100記事!」みたいに書いている人に比べると、めちゃくちゃしょぼいですね...
後述しますが、あくまでも記録のために書いているので、他人と比較はしないようにしています。

アクセス数

だいたい1日に20アクセス前後です。
2018年の前半は1日に5アクセス以下だったので、増えました(笑)。

アクセス数は見てはいますが、今の所気にしていません。

ブログ遍歴

これまでも何度もブログを書こうと思い、

を初めてみたのですが、どれも三日坊主で終わりました。

今はなぜ続いているか?

はてなブログだからです!...という訳ではなく、
目的を変えたからです。

これまでは、

  • 人に読んでもらいたい
  • あわよくば稼げる?

みたいな、邪な気持ちを持っていました。

しかし、考えを改めて、自分の記録のために書くようにしました。
なぜなら、ブログは、

ja.wikipedia.org

にもある通り、ウェブログ (weblog)の略称なので、単にwebに残す記録なので、自分のために書くのが至極真っ当だなと。

ブログを書いている理由

上記でも書いた通り、シンプルに自分の記録を残すためです。

これまでも、EvernoteやDropboxPaper、最近だとInkdropに個人的にメモは残しています。
プライベートに残すのは楽なのですが、人に読まれることを前提としていないので、文章が雑になります。
後から見返したときに、情報が足りないこともあり、時折困ります。

Publicに書くと、ある程度はしっかり書くし、他の人への参考にもなるかと思い、書くようにしました。

はてなブログを選んだ理由

特にないです。
最初は悩んだのですが、書く事が目標だったので、正直、どれでも良かったです。
しいて言えば、以下の視点です。

  • マークダウンで書ける
  • エクスポートが可能
  • 使っている人が多い

ブログ書いてみたいと思う方は、まずは気にせず、書いてみるのが良いと思います。
はてなブログでいいと思いますw

気をつけていること

あくまでも自分のログなので、

  • 冗長な書き方は避ける
  • 後で見返しても

事に気をつけていました。たまに見かける、長々しくブログは書かないようにしています。
あくまでも知りたい情報を、直ぐに見れるように書いています。

とは言っても、まだ書き慣れていないので、綺麗にまとまっていないものは多いですが...

書き方

これは、まとまってないので、気が向けば別に書いてみたいと思います。

目標

今の目標設定

目標があると、やる気はでるので、目標を作って書いていました。
目標は、

  • なんとかすれば達成できそう
  • 他人の関与がないもの

を考えて、記事数(50記事)にしました。

次の目標

次は別の目標にしようかと思ったのですが、やはり定量的な目標がよいので、

  • 2019年内に100記事
  • Proを試してみる

にします。

今後どうするか

ブログを残すことは定着してきたので、

  • もう少し頻度をあげる
  • カテゴライズをする

ようにしたいと思っています。
他にも

などもやってみようかなと(こっちはオマケ)。